プライバシーマークとは?

プライバシーマークとは プライバシーマーク取得セミナーを開催しております。
これから取り組まれる方、取得を検討中の方にオススメです。

プライバシーマークとは?

プライバシーマークとは?
 個人情報を大切に取り扱っている事業者であることを、指定外部機関が審査し、合格した事業者に対しその証明として付与されるマークです。

 プライバシーマークを使用することで個人情報を適切に取扱い保護する体制がしっかり整備されていることを簡単に社内外にアピールできることになります。 プライバシーマークを取得した企業は名刺や会社案内・ホームページ等に掲示し、営業活動や消費者への信頼度アップ等に利用しています。

 プライバシーマークの取得事業者数は、 個人情報保護法の施行前の平成16年(2004年)当時は500社程度でしたが、保護法のスタートを機に急激に取得事業者は増加し、2009年には全国で1万社を超え、その後も現在まで増加を続け、14000社を超えました。
現在の付与事業者数は一般財団法人日本情報経済社会推進協会 プライバシーマーク制度のページで確認できます。  

 

 ちなみに、プライバシーマーク下部の番号の頭2桁は審査をした機関のコードです。 上のマークの場合の10は一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)のコードですのでJIPDECが審査したという表示になります。JIPDEC以外のプライバシーマーク審査機関で審査を受けた場合はこの2ケタの番号が変わります。3桁目からは認定事業者に割り振られる認定番号です。この場合 860360は当社に割り振られた認定番号となります。 番号の横の括弧内はプライバシーマーク更新の回数です。 新規取得(01)から回数ごとに1づつ増えていきます。多いほど取得してからの年月が長いという事になります。

 また2011年3月からの運営要領変更に伴い更新回数の表示は任意となりましたので、この更新回数を表示するかしないか事業者が選べるようになりました。 

更新回数を表示しない場合のマーク 
 
 更新回数を表示してしまうと更新の度に印刷物などを作り直さなければならないなどの手間や無駄が出るなどの問題があったようです。その反面、せっかく更新を重ねたこの回数を表示してこそ個人情報保護について長年取り組んできた証しでもありますので、表示しないのはもったいない気もしますが・・・。